2006年05月21日

アクトレイザー

さて、今回はスーパーファミコンの隠れた名作アクトレイザーについて語りましょう!

タイトル  アクトレイザー 
発売日 1990年12月16日発売
機種 スーパーファミコン
中古価格 300円〜1400円前後

このソフトは、エニックスが発売したものですが、開発したのは
クインテットさんと、言う会社です。
http://www.quintet.co.jp/ (最近はホームページ更新してないみたいです)
このクインテットさんはのちに、スーパーファミコンで、

ソウルブレイダー
ガイア幻想紀
天地創造 

とっ言った今でもファンが多い数々の名作ソフトを作り出しています。
そちらに関しましてもまた語れれば語ります。

では、本題です!アクトレイザーについてです。
このゲームは、横スクロールアクションと、クリエーションが融合した名作です。
発売当時はあまり人気でなかったそうですが、今は人気でています。

クリエーションとはシムシティーなんかをイメージしてくれればいいかと思います。

プレイヤーは神となり、魔王サタンに支配された世界を救うため戦いを挑みます。そのためには、アクションモードで魔物を倒して地上を浄化し、クリエイションモードで町を発展させながら、サタンに奪われた自らの力を取り戻さなくてはなりません。この2つのモードは密接に絡み合っていて、もしアクションシーンが苦手でもクリエイションモードをやりこむことによってゲームクリアを容易にする、全く新しいシステムを持っています。(クインテットゲーム紹介より引用しました。)

アクションは、どんどん、敵と戦いながら、奥に奥に進んで行き最後のエリアでボスと戦いボスを倒すと、そのエリアのクリエーションモードに進めるのです。

けっして、難度は易しくはないですが、他のアクションゲームは1面も、
クリアでできない下手くそな自分でもクリアできたので、それほど平気だと思います。

アクションゲームが苦手の方も挑戦してみましょう〜

そして、このゲームもうひとつの顔、クリエーションモードです。

モンスターによって滅ばされたりした町を、神と神の使いの天使がぼろぼろの町を
人が住めるように、生き残っている人々に協力して、町を復刻していきます

神(天使)が、奇跡(雷、雨、地震など)をつかって、沼地を雨で干上がらせたり
岩を雷で破壊したり、時には、町に現れた、モンスターを、天使の弓でやっつけたりと、
面白いです。

現在CS放送でやっているゲームセンターCXでも
http://www.fujitv.co.jp/cs/gamecenter/index2.html
よいこの有野さんが最近このゲームを挑戦して、面白かったと好評のようです。また、音楽が素晴らしいです。
アクションパートに移るときにかかる音楽が、最高です。
サントラ欲しい、、。

皆さんもぜひ遊ぶ機会があったら、よく音楽を聴いて見てください〜
posted by ゲームさん at 03:29 | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18152226

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。