2006年05月21日

MOON

前回の記事でもラブデ系ゲームについて説明しましたが、今回は
ラブデ系ゲームの「元祖」の

         MOON

について、簡単なレビューや、紹介をします。
このゲームはある少年があるゲームを、プレイしていたら、そのゲームの中に
閉じ込められてしまう、所から始まります。

閉じ込められた世界は「MOONワールド。」
ここの住民は不思議な言葉を喋ります。
日本語でも英語でもドイツ語でもありません。
不思議な不思議な言葉です。
一度聞いたら忘れられませんよ。


ゲームの中の世界に吸い込まれてしまった少年は、ゲームに夢中になり、日常を忘れているプレイヤーそのものです。

そして、ゲームの中に吸い込まれた少年の目的はムーンワールドの世界中の、
「ラブ」を集める事です。

イベント、人の悩みをかなえたり、勇者に倒されたモンスターの魂を、捕まえる「ゲッチュ」する事で、
ラブがたまり、いわゆるレベルアップをしていくゲームです。
でも、レベルを上げて最後のラスボスを倒すわけでも、囚われのお姫様を助けるわけでも、
ありません。

なぜ、勇者に倒されたモンスターの魂を捕まえるかはこのゲームをやってみてください。
このゲームには、ゲームの中に吸い込まれた少年が勇者ではなくて、勇者はすでにゲームの中にいるのです。

たびたび勇者と、ゲームの中で出会うでしょう。
モンスターと、戦っている、、?一方的に戦っている勇者と会えます。

MOONはおばあちゃんが特に好きですね。
美味しそうなクッキーをいつもくれます。


難易度は後半けっこう高くなります。
自力クリアはけっこうきついと思います。
好き嫌いが分かれるソフトですが、
エンディングまでぜひ行ってみてください。

今も愛されているラブデ系ゲームの元祖「MOON」
普通のRPGに飽きた方も、RPG大好きな方にもおすすめです。
基本的にほのぼのと、プレイできて、落ち着くグラフィック良いですよ。

エンディングはとても考えさせられます。
他のラブデリック系ゲームもおすすめです。
自分が特に好きなのは、「MOON」「ギフトピア」「ちびロボ」です。


img456.gif
PR
お勧めASA
posted by ゲームさん at 03:34 | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18152295

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。