2006年05月21日

シェンムー 一章横須賀

今回はDCで、発売された、シェンムーの話しです。

タイトル シェンムー一章〜横須賀〜
発売日 1999/12/29
機種 ドリームキャスト
中古価格 200円〜500円

シェンムーは、
         70億円

かけたソフトとして、知っている方もいると思います。

舞台は1986年横須賀。
ある鏡を探し、黒づくめの男たちと、中国服の男が訪れた道場で、この物語の主人公の父、
「芭月 巌」が、中国服の男に殺された所から、始まります。

謎の中国人風の男に父を殺され、実力がなくて、助けられなかった芭月涼が、
父の敵を取るため、中国人風の男を捜しに、横須賀の町で聞き込みを始める。

なんか、きなくさそうなストーリーですが、駄菓子さんで、お菓子を買ったり、がちゃがちゃをやったり、
ゲームセンターで、「スペースハリヤー」などの実在したゲームを遊んだりと、ゲーム本来の
目的とは違った遊びがたくさんつまっています。


本当の目的を忘れて、毎日おばあちゃんから貰う「お小遣い」で、
毎日ゲームセンターに行ったり、がちゃがちゃを、コンプリートを目指したりと、
一本道のストーリーを面白くさせる「遊び」が、たくさんつまっています。

横須賀の町には実際を再現したように、美しい(ある意味人の顔がリアルすぎて怖い)
グラフィックや、床屋さんやお食事屋さん、駄菓子、タバコ屋さんなどが
あり、ほとんどのお店は中に入れます。

そうした、お店で中国人風の男の聞き込みをしたりして、どんどんと、情報を集めて
真相に迫っていくゲームです。
バトルシーンが、迫力あって面白かったですね〜。シェンムーはDCで、2も出ていて自分は2も好きですが、1の懐かしい日本の雰囲気みたいなのが、好きですね。
現在は、2までしか出ておらず、未完の状態で3の発売は今のところありません。

シェンムーオンラインと言うものは、開発しているみたいですね。
そういえば、1のヒロイン?の声優が「安めぐみ」さんがやっていますよ〜。
安めぐみさんのファンの人もぜひやってみてください。(笑)

3の発売をいつまでも待っていますよ〜。


img456.gif
PR
お勧めASA
posted by ゲームさん at 03:37 | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18152321

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。