2006年05月21日

MOTHER3(ネタバレなし)

マザー3の序盤を触ってみての感想です。
基本的に、ストーリーに関係あることのネタバレはしませんが、
説明書に書いてある範囲の事は言うかも知れません。
(例」・キャラクターの名前や、ストーリーあらすじなど)

もし、ネタバレが不安な方は、序盤だけでもプレイしてから見てみるといいかも知れません。

ちなみに、デラックスボックスを買いましたが初プレイはゲームキューブにゲームボーイプレーヤーを繋げて遊ぶと決めていたので、
一度クリアしてからその内にゲームボーイミクロで遊ぶ予定です。

マザー3、21日に遊んでみました。
序盤はすでに発表されているリュカとクラウスという双子の少年が、おじいちゃんの家にお母さんと遊びに来たところから始まります。

今までのマザーシリーズは始まってすぐに、家具に異変が起こったりして、ある程度主人公の冒険の目的がはっきりとしていましたが、
マザー3は、徐々に異変が少しづつ、ゆっくりとプレーヤーに襲い掛かってくるという感じです。

まだ、1章を終わったところですが、キャラクター一人一人が凄い個性的で、やっぱりマザー3でしたね。

セーブの方式が今までのお父さんに電話する。から、カエルに話しかけてセーブになっていました。
お父さんに電話するセーブが好きでしたが、なぜカエルなんでしょうか!?

(セーブしてゲームを終わらせて、ゲームから現実へ帰る(カエル)という事?)
(ただ単にカエル?)

でもこれはこれで面白いです。

まだ序盤ですが、出てきた主人公以外のキャラクターの中で気になったものを、、
それは、二人の漫才コンビです。

漫才をやり終わって、二人がお辞儀をする時に一緒に「効果音」がなるのですが、その効果音がやばいです(笑)

これでもう自分的には名作決定でしたね。

実は少し違和感がありましたがその違和感は、まだ序盤で
マザーシリーズおなじみであり特徴である、アメリカなど、海外をモチーフにした町が出てきていなくて、
ほのぼのとした村と山での冒険で、少し違和感がありました。

そういえば、お金も出てきてなかったんですね。

でも期待通り、期待以上でした!
まだまだ先は長そうですが、いっぺんに遊ばずに、
一日1時間を目安に、少しづつ遊んでいきます。

それでは、次に会うカエルによろしく!


img456.gif
PR
お勧めASA
posted by ゲームさん at 03:44 | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18152424

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。