2006年05月21日

ソウルブレイダー

スーパーファミコンでエニックスから発売されて、
アクトレイザーのクインテットが開発をしたソフトです。

タイトル ソウルブレイダー
機種   スーパーファミコン
発売日  1992/01/31
中古価格 300円〜1000円程度
ジャンル アクションRPG

ソウルブレイダーの目的は、アクションシーンで魔物の巣から次々と出てくる魔物を倒し、巣を封印すると、魂が解放されて町の「生き物」や「樹」などを復活させる事である。

アクトレイザー、ガイア幻想樹、天地創造など、クインテットのソフトはなかなかの名作が多かった。

魂を復活させると、町や村に人々が復活をはたします。
いくつかステージがあり、ステージごとに種族の違う人々がすんでおり、
復活させた人々の話を聞くのが面白いです。

また、草や花なども同様に復活させていきます。
音楽もやはりよくて、どんどんと荒地の町が、よみがえっていくのは
心地よいです。

難易度はそれほど高くないと思います。
ダンジョンなどで巣を封印すると、画面が切り替わり、動物や人が復活するシーンが流れて、その後すぐに戦闘シーンに切り替わるのですが、
復活させた動物や人と、早く話しがしたくて、ウズウズしたものです。

レビューを書いていたら、また再プレイしたくなりました。
子供の頃もストーリーはよくわかっていませんでしたが、何回も遊んでいましたね。
パッケージは少し地味にみえますが、とても中身の濃いゲームです。


img456.gif
PR
お勧めASA
posted by ゲームさん at 16:58 | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18168203

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。