2006年05月21日

ダブルキャスト

ダブルキャストのレビューです。
(ネタバレはありません。)

ダブルキャスト
機種 プレイステーション(PSP)
ジャンル アドベンチャー
発売日 1998/06/25
中古価格 280円〜980円前後(PS版)

見るドラマから、やるドラマへ、、、。
やるドラマ(やるドラ)シリーズ一作目にして、ファンからも評価の高いダブルキャストです。

ホラー、サスペンス要素の強いアドベンチャーです。
アニメを見ているような感覚で、ところどころアニメーション場面が止まって、数種類の選択肢の中から、一つを選びストーリーを進めていきます。

ストーリー
ある日、飲み会で酔いつぶれていた主人公が、記憶喪失の女性「赤坂美月」と出会う。
そして、赤坂美月の周りで起きる謎の事件、出来事の真相は、、?

選択肢次第でバットエンディングから、グッドエンディングまで数々のエンディングがあります。

中でも、バッドエンディングはスリルがあり、かなり怖いのがあります
単純なラブコメディーではなくて、けっこうグロテスクなシーンや暴力的な表現がありますので、ホラー系が苦手な方にはぜひお勧めします。お勧めしません。

残念な所もあります。
プレイステーション版はディスクが2枚入り(PSPは1枚です)で、
ディスク1と、2を、プレイするたびに何回も入れ替えなくてはいけません。
何回も遊べるゲームなので、そこが少し残念でした

が!

音楽、ストーリーなどとても良く、残念な所を差し引いても、
自分は十分な名作だと思います!

レビューを書いていましたら、ひさびさに遊びたくなってきちゃいました。
やるドラシリーズではこれが一番好きです。


img456.gif
PR
お勧めASA
posted by ゲームさん at 17:03 | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18168344

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。