2006年06月25日

ドラゴンクエストVI 幻の大地

ドラゴンクエストVI 幻の大地のゲームレビューです。
(多少ネタバレがあります)

タイトル ドラゴンクエストVI 幻の大地
メーカー エニックス(現スクウェア・エニックス)
機種   スーパーファミコン
発売日  1995年12月9日
中古族格 400円〜1600円程度
ジャンル RPG

ドラゴンクエストシリーズではドラゴンクエストVに続いて好きです。

ストーリー
主人公と仲間は魔王ムドーを倒すためにある魔王の城へ来ていた。
城を進み魔王と戦おうとするも、魔王の術の前に成すすべも無く…。

気が付くと主人公は自分の家のベットから落ちていた。
果たしてその見た夢はただの夢だったのだろうか・・。
その頃、この村では村祭りが行われようとしている。


いきなり魔王との戦闘で始まる衝撃が印象深いです。
ストーリーは全体的に暗いと思います。

そして、ドラクエ6はドラクエ3と同じく転職システムがあります。
この転職システムが、下級職、上級職、隠し職業など『ドラゴンクエストモンスターズ』的なやりこみ・素があります。

個人的には暗めのストーリーがとてもよかったです。
ボスの強さの設定も絶妙でした。
何度もムドーに挑み、やっと勝利して船を手に入れた時の快感は忘れられません。

ドラクエシリーズの中でも賛否両論ありますが、とても面白かったです。
リメイクも期待しています!
posted by ゲームさん at 05:09 | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19808479

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。