2006年08月23日

RPGツクール

今回は少し変わったゲームソフトのゲームレビューです。

タイトル: RPGツクール
機種: PS2 SFC FC PC等
中古価格: 機種による

きっとゲームファンなら大抵の人は一度は思う「ゲームを作りたい!!」という、気持ち。
そのゲームファンの気持ちを叶えてくれるゲームがRPGツクールです。
このRPGツクールはその名前の通りロールプレイングゲームを自由に作れるんです。
今でもシリーズ化されており、スーパーファミコン、プレイステーション、パソコンなどなど様々な機種で発売されてきました。

中身も敵キャラクターのパラメーターからイベント、町の人の会話、町の家の配置、ストーリー、ソフトによってはキャラクターデザインや、別のツールで作ったオリジナルの音楽を入れられるRPGツクールもありました。
作りこめばそれなりにいいソフトができるのですが・・・
実際はゲームを作るのはそんなには甘くないものです。

大抵の人はゲームを買ってワクワクしながら「ドラクエより面白いの作るぞ〜!」とか、「FFより感動的なゲームを作るぞ!!」とか、「いいゲームを作って友達にプレイして貰おう!」とか人それぞれ目標があったと思いますが、作り始めて一時間持てばいいほうだと思います。
自分は過去スーパーファミコン時代に30分くらいでめんどくさくなって、ゲーム制作途中でやめました。
パラメーターを一つ一つ手作業で決めていき、村人のセリフを考えて、戦闘バランスを考えて、とても地味な作業の塊と感じましたね。そのときは。

スーパーファミコンなどではバックアップデーターがありますので、中古で買うと他の人が途中まで作っていたゲームを遊べたり、中身を見たりもできて色んな意味で他の人の作ったデータを見るのが一番楽しいのかもしれません

RPGツクールはゲームを作りたいという人達にゲームを作ることの難しさを教えてくれたゲームでもありました。
しかし実際にはこれよりも遥かに難しいんですよね。
posted by ゲームさん at 00:55 | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22685503

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。