2006年11月04日

龍が如く

龍が如くのレビューです。

タイトル 龍が如く
メーカー セガ
機種   PS2
発売日  2005年12月08日
中古価格 1200円〜2800円程度
ジャンル アドベンチャー

海外ではYAKUZAとして発売されている、極道ゲームです。
ドリームキャストで発売されたシェンムー臭がするので購入してみました。
シェンムーというよりも、ドリームキャストのレンタヒーローNo.1やPS2の侍シリーズのような印象です。

街を再現しておりますが、シェンムーのように大抵のお店に入れるわけではなくて、一部のお店のみ入れます。
ゲームセンターなどもありますが、UFOキャッチャーでしか遊べません。
もう少しゲームセンターで遊べるものを増やしてくれたら嬉しかったです。
他にも街にはスロットやバッティングセンターなどがあります。
中にはちょっとした大人の世界もあります。

そして、何より戦闘ですね。
武器を持って相手を殴ったりヒートアクションと呼ばれる必殺技で、相手を壁に叩きつける!二階から突き落とす!などなど場面場面で様々なモーションがあるのでかなり戦闘は楽しかったです。

ただ街を歩いているとヤクザや不良に絡まれる時があるのですが、絡まれるたびに、ロード→戦闘と、なるので後半はけっこうめんどくさくなります。
しかも絡まれる回数も多いので後半はめんどくさかったです。

メインストーリー以外にも何十個にも及ぶサブストーリーもありますが、サブストーリーをやるにしてもチンピラ共が容赦なく襲ってきて、ロード→戦闘と繰り返しの連続ですので、気持ちに予想がある人でないとストレスが溜まると思います。
ストーリー以外にも様々な遊びが詰まったゲームですので、少しだけロード回数が多いのが残念でした。

そして豪華声優人による演技も見ものです。
芸能人などが声優をしたりすると、評判が悪いの声も出てきますがこのゲームはまったく違和感はありませんでした。

何はともあれ登場する“漢”達のストーリーはかなりかっこいいです。
12月には龍が如く2も発売されますので、今のうちの龍が如くをプレイする機会があれば遊んでみてください。


posted by ゲームさん at 02:32 | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26732719

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。