2007年01月05日

龍が如く2

龍が如く2のレビューです。

タイトル 龍が如く2
メーカー セガ
機種   プレイステーション2
発売日  2006年12月7日
ジャンル アクションアドベンチャー

前作から一年後が舞台です。
今作では前作以上に様々なミニゲームが楽しめます。
前作ではバッティングセンターやキャバクラ、UFOキャッチャーなどが楽しめましたが今作ではさらに、将棋、麻雀、ボーリングなどが楽しめるようになってます。

個人的にはボーリングが楽しかったですね。
うまくバランスを調整しながら、カーブをかけたりして、実際のボーリングを遊んでいるような感じでした。

ストーリーも自分は前作の龍が如くと同じくらい楽しめました。
ただ、登場するあるキャラクターが「綺麗な高山善廣」にしか見えなかったです。(わからない人すみません。)

いきなり2から遊んでも楽しめるとは思いますが、前作未プレイの方はまずは龍が如くからプレイする事をお勧めします。
前作を遊んでいれば、より楽しめますよ。
戦闘は前作以上にかなり使える技などが増えております。

あと、「シェンムーらしさ」が前作よりさらに出てましたね。
戦闘中に急に△ボタンや□ボタンが出てくるのは、シェンムーのQTEの流れを組んでいる感じがしました。

posted by ゲームさん at 22:59| ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。