2007年03月24日

ファイナルファンタジー6

ファイナルファンタジー6のレビューです。

タイトル ファイナルファンタジー6
メーカー スクウェア
機種   SFC
発売日  1994年4月2日
ジャンル RPG

FFシリーズでは三番目に好きなシリーズです。
FF6から今までのクリスタルや魔法等より、機械等がメインになる事が多くなってきました。
やっぱり当時はグラフィックの質の高さが目立ちましたね。

そしてRPGでは珍しくコレだ!!という主人公がいないのもFF6の特徴です。
このゲームではそれぞれのキャラクターにストーリーがあるので、自分で主人公を決めたりしても面白いです。

良い音楽や個性豊かな敵キャラクター。
たくさんのイベントなどスーパーファミコンのROM限界まで?というくらいにボリュームたくさんの内容です。
FF6はFF7以降のグラフィックが綺麗になり、映画みたく進んでいくFFと、FF6以前の懐かしいFFシリーズの中間的な位置にあるゲームです。
昔のFFファンも今のFFファンも両方のファンもきっと楽しめるはずです。


posted by ゲームさん at 02:08| ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。