2007年08月19日

The Elder ScrollsIV:オブリビオン

The Elder ScrollsIV:オブリビオンのレビューです。

タイトル The Elder ScrollsIV:オブリビオン
メーカー スパイク
機種   Xbox360
発売日  2007年07月26日
ジャンル RPG

オブリビオンは海外で様々な賞を獲得したRPGです。
オンラインRPGのように世界が広くて、様々な街や城、ゴブリンや山賊のいる洞窟、遺跡などがあり、それらの街や洞窟などを自由に行く事ができます。
ストーリーもちゃんとありますが、ストーリーだけを追わずに、レアアイテムなどを求めて洞窟探索に行くも良し。
住民の願い事を叶えるも良し。
民家に泥棒にはいるも良し。
自分だけのプレイスタイルで遊ぶことができます。

泥棒しているのを兵隊などに見つかれば城の牢獄に入れられます。
そしてただ牢獄に入れられて服役するのではなくて、脱獄する事もできます。
ただしかなりの危険がともないますが、、、。

ストーリーだけを追ってもつまらないので自分なりの遊び方を見つけられればかなり面白いゲームになります。
武器や魔法、魔物などを召還などもできますので戦闘も飽きずに楽しむことができます。
かなり自由度とやりこみ要素も高いので、はまればかなり長く遊べると思います。

ただし欠点もあります。
文字などは全て翻訳されているのですが、見にくいです。
場所によっては文字がほとんど見えない場面もありました。
今後アップデートされて、この問題点がある程度改善されそうなので、もうしばらく待って改善を待つのが良いと思います。
後は海外のゲームですのでキャラクターの顔が洋ゲーっぽいので、そこは我慢しましょう。

アマゾン

posted by ゲームさん at 01:44| ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。