2007年08月29日

ダークメサイア

ダークメサイアのレビューです。

タイトル ダークメサイア
メーカー アトラス
機種   PS
発売日  1998年06月11日
ジャンル アドベンチャー

あのDCのデスピリアと同じメーカーが開発をしたアドベンチャーゲームです。
このゲーム一言で言うとクロックタワーでしょうか。
電車事故に巻き込まれた主人公が四人のパートナーと共に、東京の地下に閉じこめられるのが大まかなストーリーで、その地下から地上に逃げ出すのがゲームの目的です。

しかし地下には謎の融合体という生物がいます。
この融合体は無敵で、ひたすら逃げる主人公を追っていきます。
銃の持っているパートナーなら融合体に攻撃できますが、弾数制限もあるので、基本的にはひたすら逃げるしかありません。
クロックタワーのようにタンスの中に隠れてやり過ごす事もできないので、かなりの恐怖が増します。

また融合体が現れるときは、融合体のうめき声が徐々に聞こえてきて、うめき声が大きくなったら近くにいる証拠です。
周りを見渡してひたすら逃げるしかありません。
走って逃げるとスタミナが切れて、心臓の鼓動が聞こえるようになるのも、とても良かったです。
逃げることしかできない恐怖を味わえるゲームです。

難易度はちょっと高いです。
自力でクリアするのは少し大変ですが、クロックタワーやデスピリアなどのゲームにはまった人にはお勧めできるゲームソフトです。

アマゾン
ダークメサイア
posted by ゲームさん at 17:00| ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。