2007年11月05日

ポンコツ浪漫大活劇バンピートロット

ポンコツ浪漫大活劇バンピートロットのレビューです。

タイトル ポンコツ浪漫大活劇バンピートロット
メーカー アイレム
機種   PS2
発売日  2005年06月30日
ジャンル アドベンチャー

このゲームはよく行くゲーム界王神madanswerさんのブログを見て購入を決めたソフトです。
遊んだのは半年〜くらい前だったかと思います。
感想をすぐ書こうと思いましたが、なかなか書けずにプレイ後しばらくたってからのレビューとなりました。

このゲームは産業革命の時代とヨーロッパをモチーフとして世界観が特徴です。
プレイして思ったのは自由度が高い事です。

キャラクターとの会話画面でたびたび選択肢が出てきて、その選んだ内容によりイベントなどが変化していきます。
中には笑えたり?選びづらいような選択肢も出てきます
この会話だけでも楽しめます。
一度クリアした後も他のイベントや会話パターンなども見たいので、繰り返し三回プレイしました。

他にもビリヤードや街中で音楽演奏などやれることがたくさんあります。
1周目だけでは全て体験できないのではないでしょうか。
それくらい自由度が高いです。

そしてこのゲームにはトロットビークルという乗り物が登場します。
トロットビークルは荷物運びや発掘、移動などに使われているロボットです。
中にはトロットビークルを悪用に使ったり、闘技場で戦わせたりもできます。

トロットビークルの操作方法は慣れるまで少し難しいかも知れません。
チュートリアルで操作も覚えられますが、覚えるまで30分くらいかかりました。
ただ乗りこなれば、思い通りに操れるのでかなり面白いです。

あと街の中などグラフィックもかなり綺麗です。
ビックリしたのはとあるオアシス。
水面がとても綺麗で、のんびりとしたくなります。
見てるだけでも落ち着いてきます。
のんびりと釣り竿をたらしてみたかったです。(このゲームで釣りはできません。)
住民も朝や夕方など街中を歩いたりしていて、生活観が出ています。
この辺りは管理人の好きなゲーム「シェンムー」に似てる感じがします。

ただストーリーをひたすら追っていくのだと面白さは半減しますが、ストーリーを楽しみながら様々なサブイベントなどをこなしながら楽しめる人にはお勧めできるソフトだと思います。
ストーリーについては詳しく書けませんが、予想以上でした。
ネタばれを見ずに遊ぶことをお勧めします。

アマゾン

posted by ゲームさん at 21:40| ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。