2007年12月16日

ゲームセンターCX 有野の挑戦状(ネタばれなし)

ゲームセンターCX 有野の挑戦状のゲームレビューです。
このレビューはネタばれなしです。
ゲームクリアした人は、ネタばれ有りのレビューのほうを見てください。

タイトル ゲームセンターCX 有野の挑戦状
メーカー バンダイナムコゲームズ
機種   ニンテンドーDS
発売日  2007年11月15日
ジャンル ゲームinゲーム








このゲームソフトは、スカパーフジテレビ721の人気ゲーム番組、ゲームセンターCXをモチーフにしたゲームソフトです。
ゲームセンターCXは、CS放送では異例の人気番組となっており、DVD化にはじまり、本になったり、雑誌に特集が組まれたりするなど、人気に衰えがありません。
そんな中でついにゲーム番組がゲームになったのです。

ゲームのテーマはゲームinゲーム。
DSの下画面で、有野少年と自分がゲームをしている姿。
そして上画面で、懐かしいレトロゲームを遊ぶ事ができます。
今まではファミコンソフトをたくさん収録したナムコミュージアムなどのゲームはありましたが、おそらくゲームinゲームというジャンルはなかったと思います。
しかも収録されているソフトは全部、オリジナルのレトロゲームです。

正直、最初にこのゲームのジャンルを聞いた時は、ミニゲームの詰め合わせみたいな感じがして、あまり期待が持てませんでしたが、プレイしてみて一つ一つのソフトの作りこみがちゃんとしっかりしてて、予想以上に楽しめました。

最初は横方向にしか動けないシューティングゲームしか遊べませんが、ゲームの挑戦をクリアしていって、時代を進めると、登場するゲームも進化。
縦と横に動けるシューティングが登場したりします。
さらにゲームプレイ中にも、雑誌で新作ソフトの情報が入ったり、攻略情報を見たりもできます。
ただゲームをクリアするだけではなくて、有野少年と会話をしたり、雑誌を読んで新作ソフトの発売をワクワクしたりしながら遊べるので、本当にゲームの中にいる少年になった気分になります。

あと開発スタッフはゲームセンターCXよく見てるなー!
という所がいっぱいありました。
有野少年との会話もそうですし、登場する裏技もそうですし、開発スタッフさんもCXが好きなんだなぁ。と、わかります。

メインのモードはゲー魔王アリーノーが出す挑戦を、一つのゲームにつき4つクリアするのが目的です。
4つクリアすれば、次の新作ゲームが挑戦ソフトに選ばれて、クリアしたゲームはやり込みで再度、遊ぶ事ができます。
メインモードの挑戦の難易度は比較的簡単です。
挑戦はゲームのチュートリアルみたいな感じだと思います。
やり込みでノーコンテニューでゲームをクリアする。
など自分で挑戦内容を考えて遊ぶのも、面白いと思います。

CXファンはもちろんの事、それ以外にファンにもお勧めです。
ファミコン世代の人にはニヤリとするシーンも入ってます。
世代じゃない人も、当時の事を自分が体験しているかのような気分になりますよ。

関連サイト
ゲームセンターCX公式サイト
Yahoo!ブログ - よゐこ有野 書記係に立候補します

アマゾン
posted by ゲームさん at 21:24| ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。