2007年01月19日

ミスティック・アーク

ミスティック・アークのレビューです。

タイトル ミスティックアーク
メーカー エニックス
機種   スーパーファミコン
発売日  1995年7月14日
ジャンル RPG

ミスティック・アークのゲームレビューです。
当サイトでもレビューした事のあるライブアライブっぽさも少しありましたね。
ストーリーは主人公達がフィギア(人形)にされてしまった所から始まります。
気がつけば謎の館の中にいる主人公。
そこから物語が始まります。
ネタバレになるので、あまりストーリーについては語りたくありません。

このゲームの良さとしてまず音楽ですね。
戦闘中(ボス戦)の曲、オープニング曲、街の曲、館の曲・・・。
どれも名曲です。
自分は最初の館の曲が特にお気に入りです。

次に戦闘ですが、これは普通のRPGですね。
基本的には敵と味方が交互に攻撃していくような感じで、戦闘システムは特徴的なものはありません。

このミスティック・アークにはミニゲーム的なものが多数あります。
ゲーム中にミニパズルやチェスの謎解きなど多数ミニゲームが組み込まれています。

他にも謎解き要素が充実しています。
親切なRPGですと、「○○へ行って○○をしてこい。」と、わかりやすい事を言ってくれますが、このミスティック・アークはある程度これから何をすれば良いのか自分で考えながら進まないといけません。
謎解きの難易度もそこそこあるので、親切なRPGよりも自分で考えられるRPGを遊びたい方にもお勧めできます。

あと、人にもよりますが一部怖いシーンがあります。
中途半端なホラーゲームよりも怖いです。
音楽だけでも聞く価値はありますが、ゲーム内容も幻想的で、独自の世界観が魅力です。
スーパーファミコンの隠れた名作ソフトではないでしょうか。

なお、一部謎解きが難しいのでゲームプレイ中に詰まる所があるかも知れません。
自分も何箇所かどうしてもわからない場所がありました。
どうしてもわからない時は、攻略サイトなどを見ると良いですが、できるだけ自分の力でクリアしましょう。

(アマゾン)
ミスティック・アーク
posted by ゲームさん at 21:08| ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

THE BATTLE OF 幽★遊★白書〜死闘! 暗黒武術会〜120%

THE BATTLE OF 幽★遊★白書〜死闘! 暗黒武術会〜120%のレビューです。

タイトル THEBATTLEOF 幽★遊★白書〜死闘!暗黒武術会〜120%
メーカー バンプレスト
機種   PS2
発売日  2007年1月11日
ジャンル 格闘

とにかくゲームバランスが悪い事でしょうか。
戸愚呂100%が強すぎるのです。
私は70回以上はコンテニューして挑戦してますが、一度も勝ててません。
この戸愚呂だけが以上に強いので、かなりバランスが悪くなってます。
自分の記憶の中ではここまでコンテニューしても勝てなかった格闘ゲームのキャラクターはいません。
それくらいバランスが悪いです。

アーケード版が元のゲームで、アーケード版より朱雀や凍矢、仙水などのキャラクターが登場したのはいいですが、暗黒武術会のメンバーの是流や吏将等よりもなぜか、幽助プー、蔵馬プー、桑原プー、飛影プー、名前もない雑魚キャラクター数体などあまり使わないキャラクターが追加されてます。
どうせなら暗黒武術会のメンバーを追加して欲しかったですね。

戸愚呂に勝たなければ、使えないキャラクターもいるので忍耐力のある人以外にはお勧めできないソフトです。
技数も多く、アニメのオープニングも入っているなど良い要素もあるのですが、あとは難易度だけ修正されていれば良かったのですが・・。

ストーリーモードなどが追加されているのは良かったです。
他にもいつでもムービーが見れる機能や、ナゥローディングを自由に編集できるモードがあるのは良かったです。



攻略サイト
THE BATTLE OF 幽★遊★白書〜死闘! 暗黒武術会〜120% 攻略
posted by ゲームさん at 16:42| ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

龍が如く2

龍が如く2のレビューです。

タイトル 龍が如く2
メーカー セガ
機種   プレイステーション2
発売日  2006年12月7日
ジャンル アクションアドベンチャー

前作から一年後が舞台です。
今作では前作以上に様々なミニゲームが楽しめます。
前作ではバッティングセンターやキャバクラ、UFOキャッチャーなどが楽しめましたが今作ではさらに、将棋、麻雀、ボーリングなどが楽しめるようになってます。

個人的にはボーリングが楽しかったですね。
うまくバランスを調整しながら、カーブをかけたりして、実際のボーリングを遊んでいるような感じでした。

ストーリーも自分は前作の龍が如くと同じくらい楽しめました。
ただ、登場するあるキャラクターが「綺麗な高山善廣」にしか見えなかったです。(わからない人すみません。)

いきなり2から遊んでも楽しめるとは思いますが、前作未プレイの方はまずは龍が如くからプレイする事をお勧めします。
前作を遊んでいれば、より楽しめますよ。
戦闘は前作以上にかなり使える技などが増えております。

あと、「シェンムーらしさ」が前作よりさらに出てましたね。
戦闘中に急に△ボタンや□ボタンが出てくるのは、シェンムーのQTEの流れを組んでいる感じがしました。

posted by ゲームさん at 22:59| ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

チュウリップ

チュウリップのゲームです。

タイトル チュウリップ
メーカー マーベラスインタラクティブ
機種   PS2
発売日  2002年10月03日
中古価格 980円〜2000円程度
ジャンル アドベンチャー

管理人の好きなソフトのうちの一つ。
MOONの開発したスタッフがいる会社で制作されたゲームです。
ところどころでMOONらしさがあります。

ゲームの最終目的は大好きなあの娘にチュウをする事。
でも最初のうちはチューをしても・・。

ゲームの舞台・鶴亀町という懐かしい街です。
日本の70年代下町のような雰囲気で駄菓子やさん、銭湯など懐かしい物があります。
そして音楽ですね!
これが最高。
ひたすら「パッ!パッパー。」のような不思議な歌声がひたすら流れます。
これが何だか聞いていて気持ちよいです。

このゲームには色々な住民などがいますので、あの娘にチュウをする為に、住民に喜ばれる事をたくさんしていけば住民がチュウをさせてくれます。
これでたくさんの住民とチュウをして、チュウの練習をするのがゲームの目的の一つです。
どんどんとチュウがうまくなればあの娘もチュウをさせてくれるかも知れません。
チュウ・チュウ言いすぎですねw

あと、このゲームを遊んだ人ならわかると思いますが、ゲームを開封して遊ぶ時にある仕掛けがしてあります。
小学校を思い出すような仕掛けです。

ゲーム自体の難易度は最初は簡単にみんなチュウをさせてくれますが、後半は難しくなります。
どうしてもわからなくなった時だけ、攻略本や攻略サイトなどを見るのが良いでしょう。
最初から攻略にたよると面白さが半減します。
しばらく前に遊んだソフトですので、再プレイがしたくなりました。

posted by ゲームさん at 01:35| ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

レナス古代機械の記憶

レナス古代機械の記憶のレビューです。

タイトル レナス 古代機械の記憶
メーカー アスミック・エース エンタテインメント
機種   スーパーファミコン
発売日  1992年11月13
中古価格 200円〜1200円程度
ジャンル RPG

スーパーファミコンで発売されたファンタジー色が強いRPGです。
このゲームの特徴として魔法を使うには体力を消費する事。
ですので従来のRPGとは違い、MPがありません。
体力が少ないときに魔法を使うと、体力がさらに減り全滅の危険性が生まれる事もあります。

まず不満な所から上げてみます。
何といっても魔法の名前でしょうか。
たとえばFFならファイア、ファイラ、ファイガ。
これは炎の魔法と誰でもわかります。
ドラクエならメラ、メラミ、メラゾーマ。
炎がメラメラ燃える。みたいな感じでこの魔法も覚えやすいです。

しかしこのゲームならズザン、ズゾムン、ズゾボンが炎系の攻撃です。
この魔法のように技の名前がわかりにくい物も多く、さらに全部の魔法数が40個程度あるので、自分は最後の最後まで結局魔法の名前を覚えられません
でした。
後、一部の魔法は画面の光が半端ではありません。
画面が真っ赤になり、元に戻り真っ赤になり、元に戻り。
が、数回続く魔法もあるのでこの間は画面を見ないようにしましょう。

ではゲーム内容について。
このゲームはまず仲間になるキャラクターを傭兵システムというのを採用しています。
この傭兵システムは主人公とヒロイン以外の仲間二人は基本的には酒場にいる自分の好きな傭兵を雇う事ができるというシステムです。
これによりパーティーの幅が広がっております。

後は音楽も良かったです。
ストーリーは主人公がある事件に関わってしまい、その事件を解決するのが主な目的です。
ファンタジーな世界のRPGが好きな人にはお勧めできると思います。

posted by ゲームさん at 16:06| ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

シェンムーU

シェンムーUのレビューです。

タイトル シェンムーU
メーカー SEGA
機種   ドリームキャスト
発売日  2001年9月6日
中古価格 1000円〜3800円程度
ジャンル アドベンチャー

前作シェンムー一章の続編です。
基本は前作と同じで、前作を楽しめた人には満足する内容となっております。
前作は日本の横須賀が舞台だったのに対し、今回は香港が主な舞台です。

マップは前作の数倍はあると思います。
とにかく広い!
人がたくさんいる所もあれば、人があまりいないさびれた所もあり、家具を売ってる店、床屋、茶店、コンビ二、ゲームセンター、デパート・・・こういうお店には一つ一つ実際に入る事ももちろんできます。
コンビ二などでは物を買う事もできちゃいます。

さらにゲームセンター等ではセガの名作ソフト、ハングオン、アウトラン、スペースハリアー、アフターバーナー2を実際に遊ぶ事もできます。
これらのソフトだけでも相当遊べると思いますよ!

そしてマンション風の建物。
建物も多数の種類があります。

お店がたくさん入っている建物もあれば、誰も住みついていないような建物。
さらにそういう建物は13階建の建物などもあり、1階〜13階と自由に行き来もできます。
その他にも、数種類のギャンブルでお小遣いを稼いだり、ガチャガチャをしたりもできます。

このシェンムーはただストーリーを追うだけでは面白さは半減します。
香港の町を自分なりに好きなように楽しむ事が本当のシェンムーの面白さだと思います。
後は理髪店は折角あるなら、実際に髪を切ったり、茶店でお茶ができるようになればまさにいう事はないです。

シェンムーとよく比較される龍が如くとは一味違った面白さがあります。
ドリームキャストをお持ちの方はぜひ遊んでみてください。
もちろん一章からプレイする事をお勧めします。

実はこのシェンムーはまだ完結していません。
売り上げがうまく上げられなかったので、現在はシェンムーV発売の予定はないです。
是非とも続編を強く希望します。

posted by ゲームさん at 22:44| ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

ポケットモンスター

ポケットモンスターのゲームレビューです。

タイトル ポケットモンスター
メーカー 任天堂
機種   ゲームボーイ
発売日  1996年02月27日
中古価格 300円〜1000円程度
ジャンル RPG

今回はいつものゲームレビューではなくて少し日記っぽさもあります。

ゲームボーイで圧倒的な人気を誇りいまや世界中で愛されているゲームです。
特にピカチュウは相当な人気。

ちなみに、自分が購入したのはポケットモンスター(緑)です。
当時はまだポケモン発売まもないせいもあり、自分の所でも全然ポケモンが流行っていませんでした。
そんな中発売後少したったくらいだったと思いますがデパートでたまたまこのポケモンを見つけました。
パッケージには花のようなモンスターの絵が。
他にも赤い恐竜のような絵もあったと思います。

「どんなゲームだろう?」と、思いつつもとても気になり購入したのが始まりです。
8年くらい前に購入したゲームソフトの購入時の記憶はほとんど、おもいだせませんがこのポケモンだけはなぜか今でも当時の購入時の記憶が頭の中に残っています。
そのくらい印象的なソフトでした。

それから少しづつ人気が広がり数ヵ月後には周りの友達はほとんどみんな持っていたソフトになっていました。
その時は小学5、6年だったかと思います。

自分もめちゃくちゃはまって、友達とポケモン対戦したり交換したりとても楽しかったですね。
あと、ポケモンといったらバグ技。
アイテム画面を開いてセレクト数回押してから、元に戻すと画面がバグったり、アイテムがおかしくなったりとにかくバグが多かったです。

嘘情報もかなりありました。
上級生の人から、ポケットモンスター(赤)(緑)では出ないはずの「ホウオウの出し方500円くれたら教えるよ!」と、あやうく騙されかけたりもしました。

一番印象に残っているのは、プール帰りに友達と公園でポケモンを遊んでいる時に、友達がイベントか何かで獲得した超レアモンスターミュウを自分に増殖技でくれるみたいだったので、その技を試した時です。
もちろん雑誌では見たことがありましたが、その時はじめてミュウを生で見ました。

※増殖技とはAというモンスターとBというモンスターを交換する時にある裏技を使う事で、BというモンスターがAというモンスターに変わり二匹ともAというモンスターに増殖する技の事です。

この技は当時けっこう自分達でも使用していた技で、ミュウをこの技で増殖して貰おうとしたら、間違ってミュウじゃないレベルが低い雑魚モンスターを増殖してしまった時が記憶に残ってます。
もちろんミュウは消滅。
その時は空気が重すぎでしたね・・・。
その後ほとんど会話もなく、解散した記憶があります。

その後ポケモンカードを何百枚も集めて対戦したり、子供の頃は一番はまっていたゲームかも知れません。
その後ポケモンシリーズがたくさん発売されていますが、ポケモン(金)(銀)の度重なる発売延期もあり、ポケモン(緑)以降一切ポケモンの続編は遊んでいません。

ひさびさにやりたくなってきました。
遊ぶとしたらやっぱり金、銀からはじめたほうがいいんですかね〜。
ちなみに自分の一番のお気に入りのキャラクターはフシギバナです!
ポケモンを購入する切っ掛けがあのパッケージに書かれたフシギバナだからです!
一人で遊ぶには物足りない。
だけど大勢の人と遊ぶならとても面白いのがポケットモンスターだと思います。

posted by ゲームさん at 03:33 | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

スーパーマリオブラザーズ3

スーパーマリオブラザーズ3のゲームレビューです。

タイトル スーパーマリオブラザーズ3
メーカー 任天堂
機種   ファミコン
発売日  1988年10月23日
中古価格 200円〜1500円程度
ジャンル アクション

管理人が最も好きなマリオシリーズの内の一つです。
ちなみに同じくらい好きなソフトはマリオRPG。

さてさて、スーパーマリオブラザーズ3は当時(今では)ではめずらしいマップ選択型のアクションゲームでした。
その頃はひたすら出てくるステージをクリアしていくアクションゲームばかり。
そんな時にマップがでてきて、自分で好きなステージを選んで遊べる。
それだけでもかなり遊びの幅が広がりました。

このステージは苦手なので、クリアしないで他のステージを遊ぶ。
遠回りになるけど、キノコハウスがあるのでこのステージをクリアする。
などなど、マップを選択できる機能のお陰で遊びの幅が広がり、アクションゲームにシミュレーションチックな要素が加わり、自分としてはかなり面白かったと思います。

ステージも敵が何倍にも大きくなるステージ。
雪のステージ。
強制スクロールステージなどなど、バラエティー豊か。

そして何といっても変身マリオ!
地蔵マリオ、たぬきマリオ、自分のお気に入りはカエルマリオです。
他にもマップにハンマーブロスが現れたり、ごくまれに宝船が現れたり。
本当にスーパーマリオブラザーズ3は名作だと思います。

posted by ゲームさん at 18:43 | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

MVPベースボール2005

MVPベースボール2005のレビューです。

タイトル MVPベースボール2005
メーカー エレクトロニック・アーツ
機種   プレイステーション2
発売日  2005年7月7日
中古価格 2480円〜3000程度
ジャンル スポーツ

このMVPベースボール2005はほとんどのゲームレビューサイトでも高評価で、さらに最近行われた日米野球の影響もあり、購入したゲームです。
感想としましては、ベースボールゲームとしてはやはりトップクラスではないでしょうか。

まずこのゲームはチューニング機能があります。
このチューニング機能を使えば、1単位でミートのしやすさ。パワーの強さ。足の速さ。制球の制度。守備のうまさ。
などなどを自由にカスタマイズできるのです。
これを使えば、試合で全体的にホームランなかなか打てないなぁ〜。
と、思ったらパワーの強さを+1〜にしてあげれば、ホームランを打ちやすくなります。

盗塁が成功しずらいなら、盗塁のしやすさというような項目があるので調整すればいいだけです。
これで一人一人自分に合うカスタマイズで野球ができます。
これは全体のカスタマイズですが、個人の選手のみ足をもう少し早くしたい時などには、選手一人一人の能力のカスタマイズもできます。

そして、演出面でのかなり本物のベースボールに近い感じです。
監督がマウンドへ行く。
微妙な判定の時に抗議に行く。
デットボールをくらったら乱闘できる。
先発以外のピッチャーがブルペンで調整できる。
今までの野球ゲームではできそうでできなかった事がほとんどできます。

打つにしても、投げるにしても、守備にしても、走塁にしてもかなり面白いです。
たとえば走塁。
走塁中にスライディング、ヘッドスライディング、そのまま走る。
が、自分で選べるようになってます。
ですので、アウトになりそうな時に気合のヘッドスライディングも出来ちゃうのです!

打撃システムももちろんなかなか面白いです。
今までの野球ゲームはどちらかというとタイミングが大切でしたが、今回はピッチャーとの球種の読み合いがある程度再現されています。
これは口で言うよりも体験してもらいたい所です。

ただ一つ気になったのは、試合中にあるタイミングで△ボタンを押すと監督が抗議にいきます。
たとえ自分のチームがホーラムランで得点を挙げても、そのホームラン中に間違って△ボタンを押すと、自分のチームの監督が抗議に行きます・・・。
もちろん退場。
意味不明です。
ですので、変な場面で△ボタンを押さないように気をつけましょう。

総合感想と致しまして、面白いのは面白いですが、メジャーに詳しくないと面白さは半減すると思います。
あと、いま購入してもデーターが古いので、城島、斉藤、など今期活躍した選手はもちろんいません。

posted by ゲームさん at 21:54 | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。